auひかり解説!auひかりをオススメする 5つのポイント!これであなたの通信環境もバッチリ?!

~情報提供編~

下町侍
下町侍

元通信業歴5年の拙者がauひかりのメリット・デメリットを忖度なしに解説するぜよ!

【時間がない・サクッと読みたい人】は赤文字と絵の部分をお読みください。

どこのキャリアでwi-fi環境を整えようかな?
スマホがauだから、やっぱりauひかりでセットで使った方が良いの?
この記事を読んだ人は

auひかりBA

なるほど!そういう基準で選んだらいいんだ!
auひかりのメリット・デメリットがはっきりと理解出来た!
となっていただけるかと思います。

auひかりとは?

KDDIが提供する光回線のこと。

auひかりのメリット

①比較的速度が速く、安定している。

auひかりのメリット

ホームタイプに関しては直接電線から線を引っ張ってきている為、直接光回線を取り込むので早いのは当たり前ですが、マンションタイプにも早い理由があります。
それは、基本的にauひかり以外は基本的にNTTの回線を使っているところが多く、NTT光やソフトバンク光を使う人がその建物に多ければ多い程回線が混み合い、速度が遅くなる傾向があります。
一方でauひかりは、独自で回線を引いている為、混み合う可能性が低いです。
その為に同じ100メガでも、速度が安定して使えるという特徴があります。

「ホームタイプ」
世界最速プランと言われ 、auひかりホームX10ギガ、5ギガ、1ギガ(上り下り)の3種類から選べます。

「マンションタイプ」
・タイプV
下り最大100メガ、上り最大35メガ

・タイプG
下り最大664メガ、上り最大166メガ

②比較的料金が安い

「ホームタイプ」
・1ギガと5ギガ
ネット 5,100円
ネット+固定電話 5,600円(1年目の値段で、2年目5,500円、3年目以降5,400円)

・10ギガ
ネット 5,600円
ネット+固定電話 6,380円(1年目の値段で、2年目6,280円、3年目以降6,180円)

「マンションタイプ」
・タイプV
ネット 3,800円
ネット+固定電話 4,300円

・タイプG
上に同じ

③【スマートバリュー】でauスマホとセット割が効く。

auひかりのメリット

「ホームタイプ、マンションタイプ」
条件…auひかり(ネット+固定電話)とauスマホorauタブレット(4G LTE)をセット契約する。

この条件を満たすと、
auスマホの毎月の使用料金から最大1,000円割引。(スマホの契約プランによって変わります。)

④他社からの乗り換えに対して、違約金補填サービスがある。

「ホームタイプ、マンションタイプ」
【auひかり新スタートサポート】といつサービスにより、他社(J-COMやUQ-WiMAXなど、KDDIグループ関連企業を除く)からの乗り換えに発生する違約金や解約金を最大3万円まで補填することが出来るサービスです。
ただし、条件があり、使わなくても
ネット+固定電話(500円)+電話オプションサービス(500円)
を申し込むことが必要です。

⑤選べるプロバイダによって、受けられるキャンペーンが選択出来る。しかもプロバイダ料金は別途不要!

「ホームタイプ」
@nifty、@TCOM、@Asahi Net、
au one net、BIGLOBE、DTI、so-net
の7社から選ぶことが出来ます。
【auひかり新スタートサポート】とは別でキャッシュバックで受け取れるサービスなどもある為、他社からの違約金がそこまで大きくない人はこちらのキャッシュバックで充分補填出来る可能性もあります。

「マンションタイプ」
@nifty、au one net、BIGLOBE、so-net
4社から選ぶことが出来ます。
上記同様キャッシュバックを最大2万円をもらうことが出来ます。
個人的には、@niftyがオススメです。
理由は、2年以内で途中解約してもらったキャッシュバックが全額、早い段階でもらえることと、月によって変わりますが、月々の割引料金額が他に比べて安いからです。
ただ、カスペルキーセキュリティというセキュリティソフトが2年間無料で使えて、キャッシュバックが2万円もらえるso-netもオススメですね!

※そもそもプロバイダってなに?!もっと詳しく知りたいという方は、こちらの記事も合わせてお読み下さい。

>>【auひかりマンションタイプのプロバイダを徹底比較!】の記事はこちら

※So-netについて詳しく知りたい!という方は、こちらの記事も合わせてお読み下さい。

>>【auひかりマンションタイプのプロバイダso-netの3つの魅力と抑えておきたい3つのポイント!】の記事はこちら

!拙者の一言!

下町侍
下町侍

auひかりは、自身が今までどことの契約をしていたか、プロバイダをどこにするかによって得られる恩恵が大きく変わるので、現状把握をしっかりした上で、ちゃんと相談に乗ってくれる業者と取引すべし!
通信業界は、一般の人の知識が浅く、業者側の都合に流されやすい傾向がある為、複数社で見積もりや相談することをオススメ!

auひかりのデメリット

①使えるエリアが少ない。

auひかりは建物や地域によって使えないところが多い為、必ず下記の提供エリア検索をしてからお選びください。
メリット①で説明した、独自の回線を引くからこそ、少ない供給となっています。
UR、県営・都営住宅では使えるところが比較的多いと言われています。

②必ず宅内工事が必要。

auひかりのデメリット

フレッツ光などのように、事業者転用という形が取れない事と、先述したように独自の回線を使う為、必ず工事が必要です。
ただ、工事と言っても比較的軽いもので、
時間は5〜30分(ホームタイプは家の場所や電線との距離感による為何とも言えないです。長いと1,2時間かかる場合もあります。)で済みます。
工事する場所は、各ご自宅にある電話線(モジュラージャック)の位置です。固定電話を使う使わないに関わらず、電話線からの配線です。
また、工事料金は契約期間(2〜3年)使い切れば無料であることがほとんどです。

③縛りと違約金がある。

ホームタイプだと3年
マンションタイプだと2年
の自動更新となっており、上記期間内に解約をすると、解約・違約金が発生します。

A.解約金=工事費残債
・ホームタイプの場合
工事費が37,500円

・マンションタイプの場合
工事費が30,000円で2年契約になる為、
1,250円✖️24ヶ月となり、
この1,250円は毎月発生しますが、毎月1,250円割引となる為、実質的な料金は発生しません。
ただ、24ヶ月以内に解約してしまうと残額一括請求となります。
例えば20ヶ月で辞めてしまった場合
24-20ヶ月=4ヶ月分✖️1,250円=5,000円が工事費残額請求分となります。

B違約金
①の解約金とは別で発生します。
更新月(契約月)以外で解約した場合にかかるものです。申込月=契約月ではなく、工事完了=開通月=契約月=更新月となります。
更新月は大体のキャリアが2ヶ月間の期間を取ることが多いです。
こちらは契約した月によって変わる為、人によってタイミングが変わります。
例えば、2020年6月に申込みし、7月に開通工事が完了した場合、7月〜8月が更新月となる場合が多く、この期間以外で解約すると、2年以上の利用があっても違約金が発生します。

・ホームタイプの違約金
15,000円

・マンションタイプの違約金
7,000円

また、これ以外にホームタイプの解約時には、どのタイミングであろうが必ず撤去費用として28,800円がかかります。

!拙者の一言!

下町侍
下町侍

やはり契約する時は、辞めるときの事を考えて申し込む事がポイントである!
UR住宅では、KDDIの特別プランとして解約違約金がないプランもあるので、住む場所によってしっかりとプランを見極める事も重要であるぜよ!

開通までの流れ

①申込み

ネットや電話、訪問やショップにてお申し込みする。

②開通工事連絡

大体3日〜10日くらいで、KDDIの工事開通センターから電話が来て、工事日の日付を決める。

③開通工事

先述したような工事が入り、開通。

!拙者の締めの一言!

下町侍
下町侍

auひかりは、速い!安い!特典が大きい!というメリットの一方で、使える地域が狭い!解約違約金がある!というデメリットがある。
しかし、総じて他社に比べて良心的なプランが多いと言えるので、拙者も今まで10社以上の契約をしてきたが、1番オススメはauひかりだとはっきり言えるであろう!

□ネットに関するお問い合わせにつきましては、親身にご相談に乗らせて頂きます!

【例えばこんな人にオススメ!】
・ネットを新たなに引きたいけど、どうすればいいのか分からない。

・既にネット契約があるが、速度が遅い・料金が高い・対応が悪いなどの不満があって切り替えを検討している。

・今の契約が自分にとってベストなのか分からない。

【お問い合わせ内容について】
①お名前
(片仮名で苗字のみorペンネームでも結構です。)

②希望の場合はお電話番号
(こちらから080-44〜の番号でかけさせて頂きます。教えて頂いたメールアドレス・電話番号への勧誘や営業のご連絡をすることは一切ございませんのでご安心ください。また第三者へ教えることは一切ございません。)

③簡単なお問い合わせ内容
(一言で結構です。)

ブログページ上部にあるお問い合わせボタンから、お気軽にお問い合わせ下さい!

メルマガ

投資歴12年の筆者の「投資の考え方、基礎知識」
配信頻度:月2回
1分で登録できます。

アドレス登録フォームはこちら

コメント

  1. […] ≫ auひかりの解説記事はこちら […]

  2. […] >> auひかりの記事はこちら […]

  3. […] >> auひかりをオススメする5つのポイント […]

  4. […] […]

  5. […] […]

  6. […] […]

タイトルとURLをコピーしました