iPad Pro11インチ(第2世代)WiFi128GBを使ってみて良かった4つのこと、抑えておきたい5つのポイント

【iPad編Part2】

iPad全28種類の価格一覧から、独自のランキングを用いて、選ぶポイントなどについて解説させていただきましたが、今回の記事では
実際に筆者が購入した
iPad Pro11インチ(第2世代)WiFi 128GB
のレビューを行っていきます!

この記事を読めば

iPad Pro11インチWiFiどうなの?
iPadを買おうと思っていて、ある程度まで種類を狭められたものの、もう一つ決め手が欲しい!

と思っている方が

購入の決めてが分かった!
iPad Pro11(第2世代)WiFi 128GBの理解が深まったと思っていただけるかと思います!!

※CellularとWiFiモデルの違いが分からない方に関しては、こちらのリンクをご覧ください。

■商品

iPad Pro 11インチ Liquid Retinaディスプレイ Wi-Fiモデル 128GB – スペースグレイ MY232J/A 2020年モデル [128GB]

値段:93,280円(税込)

購入場所:ビックカメラにて

※注文してから納品まで約1ヶ月

やっぱりApple製品はカッコいいですよね。
この買った時の感覚たまらないです。笑
やや空けにくい箱を滑らせながら、上に持ち上げ、そこから出て製品の輝きやデジタルな香り。笑
かっこいい!!

ipad

裏面もかっこいいです!
こちらはやっぱりカメラがシングルから広角になったことが特徴ですよね!

ipad

では、スペックを見ていきましょう。

■スペック詳細

シリーズ名 iPad Pro 11.0(第2世代)
本体サイズ(幅×高さ×奥行)mm 178.5x247.6x5.9mm
本体重量 471g
ディスプレイ 11インチ
チップ 64ビットアーキテクチャ搭載A12Z Bionicチップ
Neural Engine
組み込み型M12コプロセッサ
ストレージ 128GB
無線規格 Wi-Fi 6(802.11ax)、同時デュアルバンド(2.4GHz/5GHz)、MIMO対応HT80
Bluetooth 5.0テクノロジー
センサー Face ID
LiDARスキャナ
3軸ジャイロ
加速度センサー
気圧計
環境光センサー
バッテリー駆動時間 Wi-Fiでのインターネット利用、ビデオ再生:最大10時間
付属品 USB-C充電ケーブル(1m)
18W USB-C電源アダプタ
仕様 【カメラ】
広角:12MP、f/1.8絞り値
超広角:10MP、f/2.4絞り値、125°視野角
2倍の光学ズームアウト、最大5倍のデジタルズーム
5枚構成のレンズ(広角と超広角)
より明るいTrue Toneフラッシュ
パノラマ(最大63MP)
サファイアクリスタル製レンズカバー
裏面照射型センサー
ハイブリッド赤外線フィルタ
Focus Pixelsを使ったオートフォーカス(広角)
タップしてフォーカス(広角、Focus Pixelsを利用)
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
露出コントロール
ノイズリダクション
写真のスマートHDR
自動手ぶれ補正
バーストモード
タイマーモード
写真へのジオタグ添付
画像撮影フォーマット:HEIF、JPEG

■ビデオ撮影

4Kビデオ撮影(広角:24fps、30fpsまたは60fps、超広角:60fps)
1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)
720p HDビデオ撮影(30fps)
より明るいTrue Toneフラッシュ
1080pスローモーションビデオ(広角:120fpsまたは240fps、超広角:240fps)に対応
手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(1080pと720p)
連続オートフォーカスビデオ
ノイズリダクション
4Kビデオの撮影中に8MPの静止画を撮影
再生ズーム
ビデオへのジオタグ添付
ビデオ撮影フォーマット:HEVC、H.264

■TrueDepthカメラ

7MPの写真
ポートレートモード
ポートレートライティング
アニ文字とミー文字
1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)
Retina Flash
f/2.2絞り値
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
スマートHDR
裏面照射型センサー
自動手ぶれ補正
バーストモード
露出コントロール
タイマーモード

■スピーカー

4スピーカーオーディオ

■マイクロフォン

通話、ビデオ撮影、オーディオ録音のための5つのスタジオ品質マイクロフォン

全部は頭に入らないですよね。笑
詳しい方や既にiPadを持っていて、気になる点がある方はピンポイントに見て比較してみてくださいね!

まだiPadのことよく分からないし、細かいことは分からない!
という方は次でシンプルに今までとの違いをまとめましたので、ご覧ください。

■iPad Pro11 第一世代との違いは?5つの注目ポイント

①カメラ性能が上がった!

シングルカメラ→超広角カメラとライダースキャナの追加!
ライダースキャナ…対象物までの距離(深度)を測定するセンサーが追加されたことで、より高度なAR機能(拡張現実)に対応することが可能

②ストレージの最小が64→128GB

安くなった!
iPad Pro 2018年 64GB 89,800円
iPad Pro 2020年128GB 84,800円
※WiFiモデル

③ プロセッサーが「A12X(グラフィックが7コア)」から「A12Z(グラフィックが8コア)」へ!

無線LAN規格が「IEEE 802.11 a/b/g/n/ac」から「IEEE 802.11 a/b/g/n/ac/ax (Wi-Fi 6)」へ向上!

④重さが微増

468g→471g

⑤バッテリーは若干減

29.37Wh→28.65Wh

個人的には、①②③が惹かれたポイントでした。
①iPadで写真を撮るシーンは少ないとは思いましたが、ヤフオク!やメルカリで物を売る時に撮る写真で使おうと思いました。
②シンプルにこれはお買い得だと思いましたね!
③やはり何と言っても動作のスピードが上がっているというのは必要不可欠ですよね。
万人から求められるのはこちらではないでしょうか。

ここまでスペックなどについて少し細かく説明してきましたが、次は筆者の素直な感想を素人の目線でお伝えしていきますね!

■感想〜買ってよかったポイント4つ〜

①映像が綺麗

まず感じたことはとにかく映像が綺麗で惚れぼれしてしまいました。
これはスペックだけでなく、インチの大きさなどにも起因するかと思いますがとにかく動画が綺麗で見やすいです!
最近ではTVを見ずにネットの動画を見るという人が増えていますが
「TVの変わりにする」のもありかと思います。
持ち運びも出来ますし、利便性は非常に高いですよね。

②ホームボタンがないことはgood!

やはりこれは非常に良いです。
iPhone Xからホームボタンがなくなり、賛否両論ありましたが、筆者はホームボタンがない方が使いやすいです。画面を切り替える時に、ホームボタンを2回押すよりも

下から上にスクロールするだけで切り替わるのでスピードも早いですし、動きも滑らかというところがいいと思ってます。
特にiPadは例えばミニでも、片手で持って操作するのは難しいので、この動作はとても大事だなとより思いました。

③動作がスムーズ!

やはりスペックが上がったことで、非常にスムーズに感じられます。
・現状のアプリを閉じて別のアプリへ
・タッチペンの反応の良さ
・タップしたりスクロールする時の素早さ
とてもgoodです。
デジタル機器では、動作はとても大切で
スムーズであれば非常に快適ですが
そうでないと非常にストレスが溜まりますよね。

④タッチペンが便利!

上記でも述べましたが、非常にタッチペンがスムーズな動作によって快適に使用出来る上に、デザイン自体も高級感がありとても良いですね。
タッチペンで絵書いたり、メモを取ったりするアプリをいくつか入れ、試してみましたが、(アプリの好みはあるにせよ)非常に使いやすいです。
キーボードで打ったり、スマホで打つよりも書いてメモしたいという場面は未だに多くありますよね。

■提案〜ズバリiPad pro11 Wi-Fiはどういう人へオススメ?〜

①在宅ワークで使いたい人!

特にブログなどの文書を書いたり、絵を書いたりする人にはgood!

②ポケットwi-fiを持っていて、ある程度ハイスペックなものを求めている人!

やはりWiFiモデルなので、持ち運びする場合はポケットwi-fiは必須になりますね。また性能は申し分なく、iPad miniやiPad airと比べるとキーボードが使えて、Apple Pencilが最新のものはiPad Proのみになりますので、ハイスペックを求めている方にはオススメです。

拙者の一言

下町侍
下町侍

特にWiFiモデルを選ぶ上で大事なことは、自分の自宅や職場、移動中の通信環境が整っているかどうかである!
少しでも不安があればCellularをオススメするぜよ!

■逆にオススメしない人

・とりあえずiPadを使ってみたい
・iPadは動画視聴と調べ物で使う
という方にはオススメしません。
理由は、他のより安いiPadで充分だからです。
上記のような方は
・サイズが小さい方が良い→iPad mini
・家で少し大きいサイズで見たい→iPad
がオススメです!

拙者の一言

下町侍
下町侍

スペックを考える時に、大は小を兼ねるという考え方もあるが、iPadにおいては、28種類という様々なパターンに合わせられるようにたくさんの選択肢がある為、値段のことを含めて、しっかりと目的に合った自分にピッタリのiPadを選べるように考えるとよいであろう!

■この商品を買った理由と購入時に迷った他のiPad

筆者が迷った点は、
まず
①CellularかWiFiか
そもそも
②ProかAirミニか
最後に
③iPad Pro11か12.9か
の3段階で迷いました。

①CellularかWiFiか
ではCellularの方がいいことは間違いありませんが、やはり値段ですよね。
同じiPad Pro11 128GB でも
Cellular 111,980円
WiFi 93,280円
と約18,000円の差がありました。
もし筆者が在宅ワークでなかったら、迷うことなくCellularにしましたが、在宅ワークでかつポケットwi-fiも常備していることから、WiFiモデルを選びました。

②iPad ProかiPad mini
筆者は既にiPad mini4を持っており、
今回iPad mini5でApple Pencilが使えることが大変魅力的であり、かなり迷いました。
しかし、仕事で使う以上は、最新のものを持っていたいという思いから、Apple Pencil(第2世代)が新型のものにしようと思いました。

③ iPad Pro11か12.9か
最後にはこちらのサイズ感で選びましたが、
以前のiPad mini4を購入した際に、
「思ったより大きいな」
という印象を受けたことが大きく影響しました。
iPadって、タブレットとして非常に大きいサイズですよね。
店頭で見ると、同じ売り場にMacBookなどもある為、実際より少し小さく感じる感覚が、多少なりあると思いませんか。
その為、あえて大きいサイズではなく、11インチを選びました!

拙者の一言

下町侍
下町侍

もし迷っている人がいれば、上記のように3つほどポイントを絞って狭めていくと、自分に合うiPadが見つけられるぜよ!

■最後に

iPad Pro11(第2世代)WiFi 128GBは
ヨドバシのiPadベストセラーランキングでは、2020年06月24日時点でこちらの商品が1位となっています。
やはりスペックが高いものを選ぶ人にとって
・価格
・容量
・サイズ
がちょうどよいのがこちらの商品なのではないかと感じました!
逆にこの商品を選んで失敗するとしたら
Cellularではなかったこと
容量が小さい
あたりではないでしょうか。
しっかりと自分の目的に合わせて、自分にピッタリのiPadを選んでみてください!
選べた際には間違いなく今よりワンランク上のライフスタイルが待っていることでしょう^_^

メルマガ

投資歴12年の筆者の「投資の考え方、基礎知識」
配信頻度:月2回
1分で登録できます。

アドレス登録フォームはこちら

コメント

  1. […] >> ipad pro11のおすすめポイント […]

  2. […] […]

  3. […] […]

  4. […] […]

  5. […] PREVIOUS 前の記事: 〔東京株式〕続落=米景気不安が再燃 2020年6月25日の日経平均株価と重要指標NEXT 次の投稿: iPad Pro11インチ(第2世代)WiFi128GBを使ってみて良かった4つの… […]

  6. […] […]

  7. […] […]

  8. […] […]

タイトルとURLをコピーしました