個人事業主ってどうなの?フリーランスと何が違うの?4つのメリットとデメリット!

~職業紹介編~

下町侍
下町侍

個人事業主歴8年、フリーランス歴2年の拙者が分かりやすくお伝えするぜよ!

【時間がない・サクッと読みたい人】は赤文字と絵の部分をお読みください。

この記事を読んだ人は

最近よく聞く
個人事業主やフリーランスって何?
自分が会社辞めて個人事業主になるには?

個人事業主BA

そんな疑問点や気になる点を解決していきます。

個人事業主とは

雇用契約がなく、個人で事業を行っている人。
また
事業主1人のみで事業を行う場合だけでなく、家族や雇用した従業員などと複数で事業を行っていても

それが法人でなければ個人事業主といえます。

では、個人事業主とフリーランス、その定義の違いはどこにあるのでしょうか?

フリーランスとは

雇用関係がなく、独立して仕事を請け負う人。

最近では、営業マンやコールセンターは、もとより飲食店・美容室なども店長や数人だけが社員で

後のスタッフは個人事業主という形が主流になってきていますね。

個人事業主とフリーランスの違い

個人事業主になるには?

手順

①開業したい業種が決まっていれば、問題なし。
なければ探すか、依頼主を探す。
決まったら

②今の雇用契約を解約する。

③社会保険→国民保険へ切り替える。
社会保険は会社へ返却。
国民保険はお住まいの地域の役所で手続きし、受け取り。
医療費のお支払いをする際に、この事情を説明すれば、通常通り保険が適用されます。

④開業届けを出す。
業種によって異なるので、それぞれの専門家へ聞くとよい。

メリット

①自由

時間、服装、髪型、仕事のスタンスなどを自分で決められる。

②仕事や案件を選べる⇄仕事を断れる。

稼ぎたいだけ、仕事を増やせる⇄ダブルワークやトリプルワーク以上が可能。

③節税が出来る。

雇用されていると高くつく社会保険料もコントロールして下げることが出来たり

経費枠を自分で決められるので、支払う税金をコントロール出来る。

④収入をコントロール出来る。

経費もプライベートと資金を、金額や使うタイミングなど全て自分で決められる。

売上-必要経費=利益・事業所得(=給与)

デメリット

①どこにも属していない場合は、誰も守ってくれない。

②面倒な手続きや処理が多い。

怪我や病気になっても全て自分で対処

③定期的なボーナスや退職金が出ない。

④社会的な信用が低い。

お金を借りたり、クレジットカードの信用枠が低くなりやすい。

まだまだ社会的に認知されていない部分もあり、世間体として認められていないところもあると言える。

※他の職業に関する記事も合わせて読みたい!という方は、下記リンクよりチェックして下さい。

>> 職業紹介の記事はこちら

メルマガ

投資歴12年の筆者の「投資の考え方、基礎知識」
配信頻度:月2回
1分で登録できます。

アドレス登録フォームはこちら

コメント

  1. […] 個人事業主への手順はこちら […]

タイトルとURLをコピーしました