auでんきのメリット2つをご紹介!オススメな人とそうでない人とは?!

~情報提供編~

この記事を読んでいただいている方は、もう既に新電力に切り替えられましたか?

2016年4月からはじまった電力自由化ですが、
経済産業省によると2018年9月時点で、20%を超えたようです。

参考:meti.go.jp

多いでしょうか?少ないでしょうか?

勿論、オール電化などの電力自由化以前から東京電力が出している割安プランに加入済みの人たちなど関係のない人達も一定いることも事実です。

しかし、筆者の感覚ではかなり少ないと思います。

実際、新電力に切り替えるメリットは多く、デメリットはかなり少ないです。

何故なら、
新電力は元々提供している電力会社より何かしらのメリットを必ず提供するはずであること

通信会社のように下手な縛り(1年縛りや2年縛りなど)を発生させて解約金を設けにくいこと(2年縛りなどがある会社もあります。)

が理由です。

ただ、メリットがあるとは言え、ものすごい大きなメリットを受けられるわけではないことも
確かに事実です。

そう考えると、
面倒だから今のままでいいや
という方が多いということでしょう。

そこで、今回は新電力のauでんきを紹介していきたいと思います。

この記事を読めば

新電力に切り替えるメリットがイマイチよく分からない
auスマホやauひかりを使っているけど、でんきもまとめた方が良い?

と思っている方々が

auでんき メリット

auでんきのメリットが分かった!

と思っていただけるかと思います。

下町侍
下町侍

新電力4社の営業担当を行い、自身でも4箇所を新電力に切り替えた拙者がauでんきにスポットを当てて解説していくぜよ!

■auでんきとは

2017年4月からはじまった電力自由化に伴い
KDDI株式会社が「新電力」として参入し、一般家庭向け(低圧分野)に提供する電力事業の料金プランのことです。

契約対象者は、携帯電話契約(auスマホもしくはauケータイ)またはauひかりへの契約者が対象です。

auでんき代金計算方法

auでんき メリット

こちらのauでんき公式からシュミレーション出来ます。

>> au.com

問い合わせ先

auでんき メリット

■メリット

では、実際auでんきにするとどんなメリットがあるのかを解説していきます。

auでんき メリット

①毎月の請求がまとまる

auでんき メリット

電気料金をKDDI株式会社が提供するアプリ
「My au」や「auでんき」から料金を一目で確認出来るようになります。

auでんき メリット
auでんき メリット
auでんき メリット

②電気代がポイントに変わる

auでんき メリット

電気代などの固定費や公共料金を払ってポイントが貯まることはとてもお得ですよね!

ポイントはPontaやauWALLETポイントとして貯めることが出来ます。

ポイント還元率は、変動式で
5,000円未満→1%
5,000円~8,000円未満→3%
8,000円以上→5%

です。

お得になるのは、毎月の電気代が8,000円台からそれ以上の人ですね。

1人でも在宅ワークなどで電気をかなり使うタイプの人か、2人以上で住んでいるようなファミリー向けと言えますね。

正直1Kや一人暮らしなど、5,000円未満の人はかなり還元率が低いです。笑

そのような方々は、auでんきを使うメリットは、 

請求をまとめて、アプリで一目で見たいかどうか

がポイントです。

お得さだけを見れば、他の新電力の方がメリットはあります。

但し、au WALLETクレジットカードでの支払いにすると、200円ごとに2pもらえますので、すでに持っている方はよりオススメと言えるでしょう。

拙者の一言

下町侍
下町侍

auでんきに限らず、新電力に切り替えたとしても
電気が送られてくる仕組みは今までと変わらない為、今までと電気の使い方や使用が変わることは全くないぞ!

■工事や初期費用は?

基本的に手続きは非常に楽です!

auでんき メリット

ここに記載がありせんが、工事は、既にスマートメーターに切り替わっていれば、基本的に不要です。

auでんき メリット

また

auでんき メリット

切り替えタイミングに関して

auでんき メリット

そもそも

auでんき メリット

解約金も不要

auでんき メリット

このように新電力へ切り替える時は、非常に簡単な手続きで切り替えられます。

切り替えた人達は皆さん
「思ったより簡単だった」
とこぞって言われます。

■まとめ

auでんきをオススメしたい人をまとめると

①請求を一つにまとめたい人

②auWALLETクレジットカードを持っている人

③電気代が毎月8,000円以上の世帯

です。

どれも該当しない方は、正直auでんきよりも他の新電力を検討した方が良いでしょう。

拙者の締めの一言

下町侍
下町侍

そもそも切り替えて、失敗が少ないことが電力自由化の特徴と言える!
もし辞めようと思っても比較的スムーズに辞められて、新たな会社へ切り替えられるので、損はほとんどないぞ!

メルマガ

投資歴12年の筆者の「投資の考え方、基礎知識」
配信頻度:月2回
1分で登録できます。

アドレス登録フォームはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました