Wi-Fi速度について徹底解説!快適な速度とは?なぜ速くなったり、遅くなったりするのか?速度が必要な人の5つのタイプとは?

~情報提供編~

新型コロナウィルスの影響により、在宅ワークが増え、自宅でWi-Fiを使う方が増えたり、youtubeなどの動画視聴やSNS全盛期の時代の中、Wi-Fi・ネット環境を整えることは当たり前、整っていないとストレスになる、そんな時代になりましたね。

そんなWi-Fiに関してですが、
使っていて遅くなったり、止まってしまうことや、逆に早くなったり安定しないなあと思った経験は誰しもがあるのではないでしょうか。

Wi-Fi速度 解説

いよいよ5Gが導入されたとは言え、まだまだ普及しておらず、4Gがメインですよね。

そうなると、やはり通信環境は、まだ不安定になることはあります。

そんなWi-Fiの速度に関して、細かく解説し、少しでも皆さんのWi-Fi速度の理解を深めていただければ幸いです。

この記事を読めば

Wi-Fi速度 解説

自分が使っているWi-Fi環境のスピードが分かる!
これからWi-Fi環境を整える上での、スピードが参考になり、契約すべきキャリアやプロバイダが選択出来るようになった!
と感じていただけるかと思います。

下町侍
下町侍

!通信業歴5年の元訪問販売員がWi-Fiの速度に焦点を当てて解説していくぜよ!

■どうしてWi-Fiの速度は不安定になることがあるの?

Wi-Fiの実際の通信速度(実測値)は、契約しているキャリア・プロバイダは勿論、Wi-Fiの設置場所やWi-Fiとの距離、住宅環境、時間帯などにより変わります。

一般的なネットの考え方で、下り最大100メガ使える(auひかりやソフトバンク光など)ということをよく聞くかもしれませんが
これは理論上の話で、まず実際に100メガ出ることはあり得ません。

大体の実測値は、10-70メガと言ったところでしょう。

正直50メガ以上出ることさえ珍しい方です。
実際、筆者はホームタイプでauひかりの5ギガプランを使っていますが
実測値は500-900メガです。

Wi-Fi速度 解説

全然違いますよね。笑

つまり、団地などで密集している場合は、当然ですが、回線が混み合いますので、実測値が下がります。

通常、100メガで契約をしていても
周りに住んでいる10世帯にかなり影響を受けやすいと言われています。

周りの世帯が全く使っていなければ、そこそこスピードは出るかもしれません。

しかし、そんなことは中々ないですよね。

例えば、夜の時間帯の19ー24時あたりはかなり混み合うと言われていますし、このコロナ渦、在宅ワークの人が増えた影響で、昼間も混み合うようになったことは間違いありません。

そうなると100メガで契約したにも関わらず
0.1メガしか出ていない
ほぼネットが使えない
なんて声は数え切れないほど聞いております。

このような理由から、速度が不安定になります。

拙者の一言

下町侍
下町侍

特に工事不要のソフトバンクairやポケットwi-fiは速度が下がり、使いにくくなっていると言われておるぞ!

■通信速度の単位

→「bps」です。

「bps」は「Bit per second」の略で、1秒間に何bit(ビット)のデータを送信・転送できるかという意味です。

「1bpsは1秒間に1bitのデータが送信できる」ということです。

同時に、動画などのデータ量は1b(1バイト)で8bit(8ビット)のデータが送信できます。

つまり、8bpsの速度があれば1秒で1bのデータが送信できるということになります。

また、8bit=1Byte(バイト)なので、例えば「8Mbps」なら1秒間に約1MB(メガバイト)の通信が可能であることを表します。

「1,000bps」=「1Kbps(キロビーピーエス)」 

「1,000Kbps」=「1Mbps(メガビーピーエス)」

となります。

なんだかチンプンカンプンになってきますよね?

ここは全て理解する必要はありません。

下記の、要はどれくらいのスピードならどうなるかということを参考にしてみてください。

・モバイル通信(携帯電話の通信):通信速度100Mbps
⇒1秒間で約12.5MB(=100Mbit÷8)のデータを送信できる

・ADSL回線(少し古いタイプの契約):50Mbps
⇒1秒間で約6.25MBのデータを送信できる
【参考】単位の基準
1000bps=1kbps、1000kbps=1Mbps、1000Mbps=1Gbps
1024b=1KB、1024KB=1MB、1024MB=1GB

・光通信(auひかり、ドコモ光、ソフトバンク光など):100Mbps~1.3Gbps
⇒1秒間で約12.5MB~125MBのデータを送信できる

では、一般的なスピードの20Mbpsがどれ位のスピードなのか考えてみましょう。

もし、20Mbpsの一定速度で音楽CD1枚分(700MB)のデータをダウンロードしたとすると、4分40秒かかる計算になります。

どうですか?

普通という人もいれば、若干遅いと感じる人もいるでしょう。

つまり、この感覚があなたのおおよその参考値になります。

もし、20Mbps切るとストレスになると思えば、少し値段の高い早いWi-Fiを契約することをオススメします。
主に仕事で使用される方などが多いでしょう。

逆に20Mbpsくらいであればほぼ問題ないと感じれば、値段が比較的安いWi-Fi契約も可能になります。

スマホでの通信速度を測定したい場合は、「FAST Speed Test」というアプリを使用するのが便利です。

Wi-Fi速度 解説

→【iOS版】FAST Speed Testをダウンロードする

→【android版】FAST Speed Testをダウンロードする

拙者の一言

下町侍
下町侍

実際に自分のWi-Fiがどれくらいのスピードが出ていて、どう感じるのかを知ることが大切になってくるぞい!

■快適に利用できる通信速度

では実際にどれくらいの通信速度があれば、快適に利用出来るのか?
ご参考にしてみてください。

「メールやLINEアプリ」
下り128kbps~1Mbps

「webサイト閲覧、検索」
下り1Mbps~10Mbps

「動画視聴」
5~20Mbps
動画の解像度 推奨される持続的な速度
4K 20Mbps
HD 1080p 5 Mbps
HD 720p 2.5 Mbps
SD 480p 1.1 Mbps
SD 360p 0.7 Mbps
※引用元:YouTube ヘルプ「動画ストリーミングに関する問題のトラブルシューティング」

Wi-Fi速度 解説

引用元:netflix.com

やはり20Mbpsがひとつ参考になりますよね。

使える人が限定されてしまいますが、比較的安いプランもありますので、参考にしてみてください。

※URにお住まいの方必見!の良心的なプランについて詳しく知りたい方は下記の記事も合わせてお読み下さい。

>> URにお住まいの方必見 auひかり16MRを解説

正直ネット環境は、速度よりも安定性の方が余程大切です。

例えば、速度が速くても不安定であれば、
動画を綺麗に見れていても止まってしまい、ストレスになります。

ただ、速度が速くなくても安定していれば、動画が止まることはありません。

つまり、
自分の感覚と建物に合ったWi-Fi環境を見つけて、安定的に使える環境を整えることが1番大切だと言えますね。

拙者の一言

下町侍
下町侍

よくこのような話をすると、思ったより速度が必要なかったという声を聞くのもひとつ参考になることであろう!

■速度が必要な人はどんな人?

では、50メガ以上といった、ある程度速度が速いものを使う必要がある人はどんな人でしょうか?
自分が当てはまるかみてみましょう。

①ゲーミングPCを使う人

Wi-Fi速度 解説

②スマホで、データ容量の重いアプリなどを使ったり、ゲームの性質上、アップロードやダウンロードが多いものを使う人

Wi-Fi速度 解説

③クリエイターやエンジニア、youtuberなど、重いデータのアップロードやダウンロードを使う人

Wi-Fi速度 解説

④動画や画像を4Kなどの高画質を見たい人

Wi-Fi速度 解説

⑤家族や同居者の複数人で、複数デバイスを使う人(目安は4.5台以上)

Wi-Fi速度 解説

以上のような方々は、
比較的速度の速い安定したキャリアとの契約をオススメします。

色々とありますが、筆者の経験上auひかりや、NURO光、コミファ光などがオススメですね。

※auひかりに関して、もっと詳しく知りたい!とう方は、当ブログでもいくつか参考記事がございますので、ぜひ合わせてお読み下さい。

>> auひかりをオススメする5つのポイント

>> auひかりSo-netの記事

>> auショップはもう不要?My auの使い方解説!

>> auひかり新スタートサポートの解説の記事

>> auひかりのプロバイダ徹底比較の記事

>> 【もう財布はいらない?】au PAYの使い方

■まとめ

基本的には、普通に使う人であれば、20メガー30メガで問題ないと言えます。

ただ、先述したような重いデータを使うような人たちは、しっかりとキャリアを考えましょう。

ポケットwi-fiで良いのか、固定回線で速度の速いものにするのか、それらを選択しても、自分が住んでいる環境で導入されているのかどうか。

wi-fi環境を整えるには、日本は非常に複雑でややこしいと言われております。

自分に合っていない契約をし、解約金が高くて辞められない!

そんなことにならないように、Wi-Fiを選択する上での基準を、皆さんがご自身で検討出来るように、最適な環境を整えられる為の参考にしていただけたら、幸いです。

□ネットに関するお問い合わせにつきましては、親身にご相談に乗らせて頂きます!

【例えばこんな人にオススメ!】
・ネットを新たなに引きたいけど、どうすればいいのか分からない。

・既にネット契約があるが、速度が遅い・料金が高い・対応が悪いなどの不満があって切り替えを検討している。

・今の契約が自分にとってベストなのか分からない。

【お問い合わせ内容について】
①お名前
(片仮名で苗字のみorペンネームでも結構です。)

②希望の場合はお電話番号
(こちらから080-44〜の番号でかけさせて頂きます。教えて頂いたメールアドレス・電話番号への勧誘や営業のご連絡をすることは一切ございませんのでご安心ください。また第三者へ教えることは一切ございません。)

③簡単なお問い合わせ内容
(一言で結構です。)

ブログページ上部にあるお問い合わせボタンから、お気軽にお問い合わせ下さい!

メルマガ

投資歴12年の筆者の「投資の考え方、基礎知識」
配信頻度:月2回
1分で登録できます。

アドレス登録フォームはこちら

コメント

  1. […] >> wi-fi速度の解説記事はこちら […]

タイトルとURLをコピーしました